賃貸物件のカギ事情

賃貸のカギ交換について

賃貸物件のカギ交換について 

"賃貸物件では、通常入居者が入れ替わるタイミングで玄関のカギの交換をしています。新築の物件であれば問題ないのですが、以前にその物件に住んでいた人のカギをどこかで誰かが持っているとなるとセキュリティ上心配だからです。賃貸物件のカギ交換の対応はいろいろで、退去者があると家主さんがすぐに交換している場合や新しい入居者が決まったら借り手の費用負担で交換する場合などがあります。入居者の負担で交換する場合は、契約の時に用意する初期費用にカギ交換代も追加になります。 カギ交換の方法もいろいろです。自分でも簡単に取り替えられるやり方もありますが、安心感では専門業者にシリンダーごと替えてもらうのが一番です。カギ交換については、費用と合わせて交換方法も聞いておくと安心です。"

賃貸の新築物件の魅力 

不動産会社の広告などで目にする「新築の賃貸物件」とは建築が完成してから1年以内でかつ誰も入居していない物件の事を指します。例え1日でも誰かが1年以内に住んでしまえば新築として扱われなくなります。メリットや魅力は誰も住んでいないのですべての設備が自分が初めに使用できる特権がある事です。賃貸でも誰かが使用した後を好まない人には絶好の物件です。また、最近のニーズに合わせて設計されていたり、設備を導入している事が多く、内装面でも収納が充実していたりと時代に添った生活を送る事が出来る点があります。ただし相場よりも家賃が高めに設定してある事が多い事や建物が完成する前に人気な物件は契約されてしまう場合がほとんどです。

木目フローリングカモン!

© Copyright 賃貸のチェックポイント. All rights reserved.