賃貸物件と大家さん

格安賃貸物件の落とし穴

安い賃貸物件は大家に注意 

安い家賃の賃貸物件は大家に注意が必要です。たとえば、入居したときに、ふすまを張り替えてくれていない、壁紙をはりかえてくれていない、電気系統の故障があるのにそのままになっているなどのトラブルがあります。電気系統のトラブルは、特に大きな問題です。大家に訴えても、全く修理してくれない場合があります。また、ふすまなども、やはり薄汚れていては気分のいいものではありません。壁紙もしかりです。また、戸の立てつけが悪かったりすることもあります。このようなことは、事前に取り決めをしておくべきでしょう。そして賃貸の契約書に盛り込みましょう。

賃貸住宅の大家さんの仕事 

賃貸収入といえばあこがれの不労所得と言われますが、だまっていて全く働かなくてもいいかというと、そんなことはありません。貸している家の設備の不具合など、修理の手配も大家さんのお仕事ですが、それを全部自分でやろうと思うと、小さな用事は日常的に起こります。また、オーナーと入居者が頻繁に会うのは、アットホームでいい面もありますが、立場が異なる同士なので、それを望まないオーナーも入居者も少なくありません。賃貸の管理を専門に行う不動産会社は、毎月の管理費はそれほど高くなくて、修理業者の手配あっせんなどをしてくれるので、大家さんのお手伝いとして有効に活用するのがお勧めです。

木目フローリングカモン!

© Copyright 賃貸のチェックポイント. All rights reserved.