賃貸契約と手続き

賃貸の契約に関するお話

賃貸を決めるにあたって 

アパート・マンションの賃貸を契約するにあたってどれくらいの費用がかかるかはきちんと知っておくのがいいです。賃貸物件が決ってかかる費用としては、まずは仲介手数料です。物件の半額がかかります。こちらに関しては物件によっては仲介手数料の無料の物件もあります。あとは礼金・保証金があり、家賃は前払い制なので1ヶ月分の家賃も払います。あとは火災保険や駐車場を借りる場合は駐車場代金もかかります。以上のように物件が決まった後に費用がかかるので覚えておくといいですし、不動産会社によってはいくらかかるか事前に教えてもくれます。

契約の手続きについて 

不動産会社で気に入った物件を見つけたら、賃貸をするための契約を交わします。入居審査を受けた後に必要書類へ記載しますが、大切なのは「今の自分の収入で家賃を払えるか」と考える事です。「何とかなるだろう」と見切り発車で賃貸契約を進めていくと、突然の出費などでお金が払えなくなるケースがありますので、先々の事を見据えなければなりません。お気に入りの物件を見つけると、気持ちが高ぶって「早く住みたい」と思うものですが、連帯保証人が必要な物件もあります。大抵はご家族にお願いする事になりますが、もしなっていただけない場合は誰にお願いするかも考える必要があるのです。

木目フローリングカモン!

© Copyright 賃貸のチェックポイント. All rights reserved.